P03

受け継がれてきた伝統を、未来へ結んでいく。

「畳を未来へ残していってほしい」

洋風化した今の生活スタイルでは、和室を新たに造ると
いうのは厳しいだろう。ならば、現代に合った畳を新た
にデザインし未来に結びたいと思った。
その時代に合うモノを考えて繋いでいくのも、今を生き
る私たちができる伝統との向き合い方なのではないか。

「結」は、畳の新たな在り方の第一歩で、
インテリアとして提案する畳のプロダクトです。

--------------------------------------------------------------
ーSpecial Thanksー
・松葉畳店 様
・BowPam株式会社 はっち 様
・アンケートにご協力頂いた皆様

素材:【結の華】  イ草・畳表・畳縁 
   【土台】   木・墨染障子紙
   【固定部品】 プッシュピン


寸法:【単体】   W240mm×D240mm×H15mm
   【展示モデル】W850mm×D850mm×H15mm

  • Kaku

    Kaku

  • Madoka

    Madoka

  • Misumi

    Misumi

  • Sumi

    Sumi

  • Niju

    Niju

  • Traiangul

    Traiangul

  • Kazami

    Kazami

  • Marumi

    Marumi

  • Mikado

    Mikado

PDF作品

下の画像をクリックすると作品が閲覧できます。

作品解説

作品の企画趣旨や解説等がご覧いただけます。

展示ブース

11 thoughts on “P19015

  1. 未来を考えるコトは「人を想うからできるコト」。その優しさを大切にして、未来へ切り込んで行ってください。力強く。。。

    1. ご覧いただきまして誠にありがとうございます。
      「畳を未来へ残したい」という強い思いで取り組んできたので、そのようなコメント頂けてとても嬉しく思います!!
      これからもそんな気持ちを大切に、過ごしていきたいと思います。

  2. 畳の見方が変わりました!畳って和室とか茶道部とかのイメージがあり、インテリアっていう考え方がなかったんですが、畳で作ったインテリア私の家にも飾ってみたいと思いました!

    1. ご覧いただきまして誠にありがとうございます。
      畳の床としての在り方はもちろん、インテリアとしても変身できることを知って頂けるきっかけになった事や、さらには「家に飾ってみたい」と思って頂けてとても光栄に思います!

  3. 実際に観に行きたかったです!!
    畳をこのようにいろんな形にアレンジされているのが新しい発見でした
    畳へのイメージが変わりました!
    実際にわたしの部屋にも飾りたいと思いました!!

    1. ご覧いただきまして誠にありがとうございます。
      WEB版から見ていただけて嬉しいです。
      畳や、イ草、畳縁は様々な形に、姿を変身させることができることを知って頂けたこと、「部屋に飾りたい」と思って頂けてとても光栄です!

  4. 制作者です。
    只今、修正完了致しましたので「PDFの補足資料」がご覧いただけるようになりました。
    大変失礼いたしました。

  5. 実際に見に行った者です。素晴らしいアイデアですね。松葉畳店さんは私の家の近くなので頻繁に遊びに行っています。私も畳のヘリで卒業式に出席する友達にリボンを作って上げたこともあります。もっともっと畳の良さが広がることを私も願ってます

    1. ご来場、そしてWEB版もご覧いただきまして誠にありがとうございます。
      松葉畳店様にはまだまだ遠く、及びませんがお褒めの言葉を頂けてとても嬉しく思います!
      ご友人に畳縁のリボンを作られた事、とても素敵ですね!!
      私も畳の良さがもっと広がり、身近に感じてもらえるように願っております。

  6. 伝統的な畳と現代的にリメイクされた要素が組み合わせられて素敵な作品です!!こういった取り組みがもっと増えて伝統品や畳も時代に合わせて変化して広がっていけばいいなとこれをきっかけに感じました。

    1. ご覧いただきまして誠にありがとうございます。
      私がこの作品を通して伝えたかった想いが伝わった事、お褒めのお言葉を頂けてとても嬉しく思います!
      畳はもちろん、伝統品が「広がっていけばいいな」と感じて頂けるきっかけになり、光栄に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です