G52

ほんとうに、ただの「わがまま」?

“ただの「わがまま」ではない、判断がつきにくい発達障害の子どもについて知ってもらいたい”という思いから、絵本を制作しました。

絵本のストーリーは、弟をキャラクターのモデルにして実際にあった出来事を元に作っています。弟が軽度の発達障害で、周りの人に理解してもらうのが大変だったことから、発達障害について知るきっかけになるようなものを作りたいと思いました。また、絵本をきっかけにして、発達障害だと判断がつきにくい子どもやその保護者の方に、発達障害であることを早めに発見してほしいと考えています。

【絵本】 本文32ページ/上製本/190×190(mm)/3部
【ノート】 本文40ページ/ A5サイズ/5部
【シール】 A5サイズ
【トートバッグ】 300×200×100(mm)/綿100%
【ハンドタオル】 200×200(mm)/綿100%


  • 絵本の表紙

    絵本の表紙

PDF作品

下の画像をクリックすると作品が閲覧できます。

作品解説

作品の企画趣旨や解説等がご覧いただけます。

展示ブース

One thought on “G19011

  1. 保育士です。
    子どもに分かりやすく伝えるために、是非現場で読み聞かせをしたいと思いました。

Comments are closed.