M19

華族会館

大正時代行われていた舞踏会をイメージした作品。
赤のベロアドレス、ティアラや目元のゴールドペイントで高級感を演出。
ネイルは衣装のドレスとデザインをそろえるように工夫した。
シックな赤と金を基調としたスタイル。

One thought on “M20019

  1. 写真でベロアドレスの光沢が見えないのが残念ですが、高級感は伝わってきました。大正時代の洋風を取り入れながら飾りの少ない和風の装いを醸していると思います。

よしくん。 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です